キースリチャーズ マーヴィン ゲイ

キースリチャーズ マーヴィン ゲイ

キースリチャーズ マーヴィン ゲイ



マーヴィン・ゲイ& ... キース・リチャーズの不良哲学 なぜローリング・ストーンズは解散しないのか (P‐Vine BOOKs) アラン・クレイソン , 越谷 ...

マーヴィン・ゲイの遺族はファレル・ウィリアムスらによる“Bulurred Lines”がマーヴィン・ゲイの“Got To Give It Up”と酷似していると訴えていた訴訟で、ファレル・ウィリアムスが当時の裁判で偽証していたとして新たに申し立てを起こしている。

マーヴィン・ゲイは名盤『ホワッツ・ゴーイン・オン』を1971年に発表した翌年、ケネディ・センターで開催されたライヴを収録したライヴ盤『ホワッツ・ゴーイン・オン・ライヴ』が10月18日にリ …

ソウル音楽史上にその名を残す、天才音楽家マーヴィン・ゲイの一大傑作アルバムが、この「What'sgoingon」である。一曲目のアルバムタイトル曲「What'sgoingon」から、流れるように続く名曲の数々。アルバムが世に出た1971年という世相を反映してか、戦争、政治、貧困、黒人問題などの社会 …

マーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエットっていうのは、特別なんですよね。マーヴィン・ゲイは一人でも特別なんですが、それはそれとして、二人だとまた違った特別な音楽が生まれるのです。 二人が残したアルバムはたった3枚(実質は2枚)。

 · エド・シーランのなどの大物アーティストを相手に訴訟を起こし、ファレル・ウィリアムスとロビン・シックを訴え物議を醸した有名な「ブラード・ラインズ」裁判に勝訴した米敏腕弁護士のリチャード・ブッシュ。著作権裁判のスペシャリストとして音楽業界から忌

 · スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズ、フォー・トップス、スプリームス、ジャクソン5…20世紀音楽史に煌々と ...

1939年4月2日の日曜日、彼はワシントンDCにあるフリードマン病院で産声をあげた。 出生名はマーヴィン・ペンツ・ゲイ・ジュニア。 父親はワシントンDCでキリスト教(ペンテコステ派)の説教師をやっていた。 「僕の子供時代には、いわゆる“普通の”という単語はなかった。まず我々一家が ...

モータウンで数々のヒットを飛ばし、20世紀最高峰のメッセージソング「What's Going on」生み出した彼は、その生涯の最後までドラッグや家庭の問題に悩んでいた。 彼は1982年(当時43歳)のインタヴューで、その頃のことを振り返ってこう語っている。 「厳格な牧師だった父が幼い僕を殴ってい ...

偉大なるバンドの一つとして知られる、ローリング・ストーンズ。そんな彼らの55周年を記念して、その歴代アルバムをランク付けするという ...

キースリチャーズ マーヴィン ゲイ ⭐ LINK ✅ キースリチャーズ マーヴィン ゲイ

Read more about キースリチャーズ マーヴィン ゲイ.

4
5
6
7

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu